【私も聞かれました】面接で定番のお決まり質問と対策

転職ノウハウ・コツ・裏技集
転職の面接でよく聞かれる”お決まりの質問”に明確に答えることは合否を分ける大きなポイントです。この記事では、私が実際の面接で聞かれた定番の質問と対策をご紹介させていただきます。

面接で定番のお決まり質問

転職の際、どの会社の面接でも必ず聞かれる定番の質問があります。面接をこなしていくうちにこのような質問にはその場で対応ができるようになりますが、最初のころはあらかじめ準備をしておくべきです。

なぜ当社に応募したのですか?

なぜうちの会社を?と思うのはどの会社でも同じです。同業同種の企業があるなかで、その会社を選んだ理由を答えることは自身のアピールにつながります。私の場合、面接を受ける会社のホームページを読んで、その会社自身がアピールしているポイントをつかむことが大切です。そのポイントにに共感した(簡単に言ってしまうと)、と答えるようにしています。また、なぜうちのような中小企業を?なぜうちのようなベンチャーを?といったこともよく聞かれます。「中小のほうが活躍できる場がある思った、ベンチャーは以前から興味があった」と答えるようにしています。

この職種を選んだ理由は何ですか?

経験者であれば回答は明確ですが、未経験者や経験の浅い場合には、希望する職種への意欲と理解は大変重要になります。前職までに培った経験や知見が企業にどんな利益を提供できるかを念頭において、自分であれば新しい職種で仕事をすることによって実現したい、またはできそうな目標や成果を伝えると良いでしょう。こちらの質問の場合は「興味があった」という回答はNGです。

退職理由は何ですか?

前職を辞めた理由もよく聞かれました。採用側がこの質問で知りたいのは、採用後にまたすぐに辞めてしまうのではないかと恐れているからです。ここでネガティブな理由、わずに長期間例えば上司や同僚、組織の不満を口にするのはNGです。あくまで前の会社に理由があったと述べるのではなく、次の会社に魅力があった、ステップアップしたかったという内容を伝えましょう。

他の会社の進捗状況は?

転職活動では、一つの会社だけを受けているという状況は考えにくく、正直に答えてしまっても大丈夫と言われています。

ただ、過去には、進捗状況の詳細を聞いてきたケースもありました。
面接の本番で余計な詮索はしてほしくないものです。
最近は「今のところ、選考に進んでいるものは御社だけです」と答えるようにしています。

採用されたらいつから出社できますか?

面接の後半で必ず聞かれる質問です。
年齢が高くなるにつれ、専門性も書かくなるため、採用枠が少なくなり、欠員補充を目的とした経験者採用のケースが増えてきます。
また、内定取り消しを下げるためにも少しでも早い着任を企業側が求めてくることが多いです。
可能な限り早く着任する意志を伝え、場合によっては一定の猶予が必要と率直に相談してみるのがよいと思います。
失業中の応募者の場合は、「採用が決まり次第すぐに出社できる」ことを伝えた方が良いでしょう。

あなたにとってこの業務とは何ですか?大切なことは?

これも定番です。
たいてい若手の方(質問を考えてこいと言われて考えてきた質問)がこの質問をします。

前職で携わった業務のうち、直近の経験談を中心に話すと良いでしょう。
人事の狙いとしては、自分の仕事に対してどのように考えているかを知りたいだけでなく、自身の職務への向かい方を他者に簡潔に伝える情報伝達能力を推し量るのがこの質問です。
自分が真摯に仕事に向き合っていること、日ごろ大切に考えている事柄について具体的に伝えるようにしましょう。

あなたの強みと弱みは何ですか?

これも定番中の定番です。
自身の強みと弱みというのは表裏一体です。慎重な性格↔臆病な性格、几帳面な性格↔細かいことを気にする性格、大胆に行動するタイプ↔大雑把なタイプなど、良くとも悪くとも取れる表現がありますので、それを使って強みと弱みをまとめて説明しています。成功体験や失敗談、教訓などエピソードも盛り込むと印象に残りやすいと思います。

最後に何か質問はありますか?

面接の質疑応答が終了する直前に必ず聞かれる質問です。私の場合は、あえて聞く必要はないのですが、相手が話したくなるような会社の長所や直近のプレスリリースの内容など、面接の相手(社長や部長を想定しています)が気持ちよく答えやすい質問を考えておきます。
本来なら、給与の水準、残業の有無、中途入社の割合などより具体的な質問をするべきでしょうが、上役になればなるほど現場との乖離があるもので、そういった具体的な採用条件はあまり把握していないことが多いです。求人情報の延長上の内容は質問するのは避けたほうが無難です。面接官側が思わず長話をしたくなるような質問を2~3個は考えておくようにしてみてください。

面接では聞かれたくない質問も

転職を考えられている方はある程度の年齢になっているケースが多いと思います。
そうなると年相応のキャリア上の失敗が何かしらあります。
触れられたくないことも多くあります。

しかし面接ではそういったポイントに質問が来ます。例えば

転職回数が多い
ブランクが長い
解雇されている
経験がない
年齢オーバー
家族の介護、育児の状況
共働きの状況

など、できればあまり話したくないことについても質問がきます。
特にキャリア上のマイナス点は、あらかじめ模範解答を考えておくことが必要です。
ネガティブな質問に対してうま打ち返すことができるかどうかが、面接の合否に直結すると言えます。

有効な打ち返しの話法として、営業などでよく用いられるクッション話法があります。

クッション話法とは?

クッション話法とは、相手の指摘を一旦受けとめて、否定せずに自分の意見を主張するテクニックのことです。
相手を否定せず一旦肯定してあげることで、その後に続くこちらの意見を聞くスタンスを相手に持ってもらいます。
人というものは自分に対して否定する人を嫌う傾向があります。
逆に自分を肯定してくれる人には好意を持ちやすいという心理を利用した話法が、クッション話法です。

イエスバット法とは?

イエスバット法とは、相手の意見を一旦「はい、確かに~(Yes)」と受け入れ、その後に「しかし、ただ、(But)…」と自分の意見をキチンと主張するクッション話法のひとつです。
最初から自分の意見を主張すると採用担当者の印象が悪くなりますので、この話法で指摘をいったん共感し受け止めるようにしましょう。

面接で聞かれたくない質問へのイエスバット法の活用例

Q1. 転職回数が多いですね?

A1. 確かに若いころは自分の都合で何度か会社を辞めたこともあります。しかし、数多くの会社を経験したことで得たものも多くあります。たとえば、、、、、

 

Q2. 定職についていない長いブランクがありますが?

A2. 確かに、転職活動が難航して1年以上のブランクがあきました。しかし、この間に自分のスキルアップに努めて、英会話や通信講座、各種セミナーなどに参加していました。

 

Q3. 前職はなぜやめられたのですか?リストラですか?

A3. 確かに、前職はリストラの対象となって会社を辞めることになりました。しかし、前の会社の経営状況は大変厳しく、残ることができたとしても状況は厳しいままでした。このリストラを好機ととらえて、新天地で心機一転頑張っていこうと考えています。

 

Q4. 今回の業務は未経験ですね?

A4. 確かに未経験です。しかし、私が今まで培ってきた経験やスキルは御社の業務領域で必ず役に立つと自負しています。例えば、、、、、。

まとめ:面接で定番のお決まり質問対策

採用側になってわかったのですが、面接時の質問を考えるのには苦労します。
ある程度シニアになってくると応募書類かを見ていれば質問がわいてくるのですが、若手や在籍期間が浅いスタッフはネットで調べてきた、なんて言う部下もいました。
想定質問がきた時には、「こいつ、ネットで調べてきたな?」なんて考えてしまう余裕があってもいいかと思います。
相手も人間なので、面接には悠々と向き合ってみてください。

困った質問には、イエスバット法を使ってみてください。
最初のうちは、あらかじめ想定問答集を作成しておいてもよいと思います。
日常の会話の中でも使ってみてもよいでしょう。

おすすめの転職サイト、エージェント情報

当サイト掲載の転職サイト・エージェント
おすすめの転職サイト・転職エージェント情報をご紹介します。実際に届いたヘッドハンティング、スカウトメールも掲載。40代後半で内定を獲得したコツ、ノウハウを教えます。
アカデミアから民間企業への転職ノウハウ|アカデミア歴27年の博士の就活のコツと経験談
40代後半でアカデミアから民間企業への転職した私の経験をもとに博士、ポスドク、研究者からの転職に役立つノウハウをご紹介します。博士向けの就職情報を提供し、専門性の高い人材を必要とする企業とのマッチングしてくれる人材紹介会社も紹介します。
理系出身者、理系人材向け転職サイト・エージェント
開発職や研究職、技術者、アカデミア在籍者(ポスドク、博士号取得者、任期制研究員、助教など)など理系出身者におすすめの転職サイト、転職エージェント情報を紹介します。 理系出身のコンサルタントが多く在籍する転職エージェントや、アカデミア出身者に特化したアカリク、エンジニア向けなど各分野に特化したエージェントもあります。
レアな求人を紹介!中小でも実力のある優良エージェント
求人数が多い大手転職サイトは検索機能もエージェント機能も充実しています。一方で中小企業規模の転職エージェントは企業とのつながるも深く、求人と求職者のマッチングも人の手で行うなど、思いもよらないレアな求人が届くことがあります。大手だけでなく、中小規模の転職エージェントも活用してみてください。
女性・ワーママ向け転職エージェント
時短・リモート・フレックスなど柔軟な働き方を実現|女性・ワーママにおすすめ転職サイト・エージェント
実際にヘッドハント、スカウトが届いた転職エージェントランキング
アカデミア歴20年の私に届いたヘッドハンティング・スカウトを掲載|複数登録がおすすめ ここでは、アラフィーの私が利用しているおすすめの転職サイト・転職エージェントをランキングで紹介します。各記事に実際に届いたスカウトメール、ヘッドハンティングメールも掲載してあります。 スカウトやヘッドハンティングが届く転職サイト&転職エージェントランキング アラフィフの私が転職に使用している転職...
ものづくりエンジニア・ITエンジニアにおすすめ転職エージェント14選
この記事では製造業ものづくりエンジニアやITエンジニアなどの理系出身者向けの技術職に転職に特化した転職エージェントの選び方についてご紹介いたします。良い条件の求人に巡り合うためには、在職中に転職エージェントに登録してスカウトを待つことが重要です。
転職サイト50選|転職成功者のおすすめ
実際に利用した転職成功者おすすめの各種転職サイト、転職エージェントを特集します。転職サービス各社にはそれぞれ特徴があります。その特徴にあわせて登録・利用することがキャリアアップのポイントです。企業側からのスカウトも届きやすくなります。
薬剤師向け転職サイト・転職エージェント|女性の方にもおすすめ
アラフィーで転職した運営者のアドバイス 転職サイトというのは転職候補の選択肢を増やすツールです。 ツール選びに迷うのではなく、ツールと割り切ってに積極的に利用しましょう。 そして就職先を選ぶことに迷うようにしましょう。 おすすめの薬剤師向け転職サイト、転職エージェント情報。 薬剤師の方向けの転職サイト、エージェントをまとめました。 ...
40代、アラフィフ、中高年、シニアの転職のコツ|40代後半で3回の転職体験から
アラフィーで届いたヘッドハンティング、スカウトも紹介 私は20年以上在籍していたアカデミアからヘッドハンティングで47歳で転職しました。そしてコロナ禍の中、49歳でさらに2度転職をしました。 アラフィー40代後半でも転職はできるのだろうか? 私も40代後半から転職にチャレンジしました。悲しい事実として、35歳を過ぎると求人数が急速に減少し始めるのが転職市場の特徴です。 ...
ハイクラス・エグゼクティブクラスへの転職に強いエージェント
ハイクラス転職を得意とする転職エージェントは数多くありますが、得意とする分野が異なっています。また持っている非公開求人も異なります。 ハイクラス・エグゼクティブクラスの転職を狙う方は複数登録しておくことをおすすめします。複数のエージェントからサポートを受けることで、より多くの非公開求人にふれることができ、ヘッドハントも届きやすくなります。
リモートワーク・テレワーク・在宅勤務職への転職に強いエージェント
リモワ女子はリモートワーク、テレワーク、在宅ワーク職に特化した転職エージェントです。ママキャリも運営する Personal(パーソナル)が母体です。リモワ女子、ママキャリはともに主婦層、ママ層に人気があります。東京しごと応援テラスは人材紹介をパソナキャリアが担当しています。在宅ワークのサポートプログラムもあり、女性が東京近郊で働きやすい職場を紹介してくれます。

 

おすすめの転職サイト、エージェント情報

当サイト掲載の転職サイト・エージェント
おすすめの転職サイト・転職エージェント情報をご紹介します。実際に届いたヘッドハンティング、スカウトメールも掲載。40代後半で内定を獲得したコツ、ノウハウを教えます。
アカデミアから民間企業への転職ノウハウ|アカデミア歴27年の博士の就活のコツと経験談
40代後半でアカデミアから民間企業への転職した私の経験をもとに博士、ポスドク、研究者からの転職に役立つノウハウをご紹介します。博士向けの就職情報を提供し、専門性の高い人材を必要とする企業とのマッチングしてくれる人材紹介会社も紹介します。
理系出身者、理系人材向け転職サイト・エージェント
開発職や研究職、技術者、アカデミア在籍者(ポスドク、博士号取得者、任期制研究員、助教など)など理系出身者におすすめの転職サイト、転職エージェント情報を紹介します。 理系出身のコンサルタントが多く在籍する転職エージェントや、アカデミア出身者に特化したアカリク、エンジニア向けなど各分野に特化したエージェントもあります。
レアな求人を紹介!中小でも実力のある優良エージェント
求人数が多い大手転職サイトは検索機能もエージェント機能も充実しています。一方で中小企業規模の転職エージェントは企業とのつながるも深く、求人と求職者のマッチングも人の手で行うなど、思いもよらないレアな求人が届くことがあります。大手だけでなく、中小規模の転職エージェントも活用してみてください。
女性・ワーママ向け転職エージェント
時短・リモート・フレックスなど柔軟な働き方を実現|女性・ワーママにおすすめ転職サイト・エージェント
実際にヘッドハント、スカウトが届いた転職エージェントランキング
アカデミア歴20年の私に届いたヘッドハンティング・スカウトを掲載|複数登録がおすすめ ここでは、アラフィーの私が利用しているおすすめの転職サイト・転職エージェントをランキングで紹介します。各記事に実際に届いたスカウトメール、ヘッドハンティングメールも掲載してあります。 スカウトやヘッドハンティングが届く転職サイト&転職エージェントランキング アラフィフの私が転職に使用している転職...
ものづくりエンジニア・ITエンジニアにおすすめ転職エージェント14選
この記事では製造業ものづくりエンジニアやITエンジニアなどの理系出身者向けの技術職に転職に特化した転職エージェントの選び方についてご紹介いたします。良い条件の求人に巡り合うためには、在職中に転職エージェントに登録してスカウトを待つことが重要です。
転職サイト50選|転職成功者のおすすめ
実際に利用した転職成功者おすすめの各種転職サイト、転職エージェントを特集します。転職サービス各社にはそれぞれ特徴があります。その特徴にあわせて登録・利用することがキャリアアップのポイントです。企業側からのスカウトも届きやすくなります。
薬剤師向け転職サイト・転職エージェント|女性の方にもおすすめ
アラフィーで転職した運営者のアドバイス 転職サイトというのは転職候補の選択肢を増やすツールです。 ツール選びに迷うのではなく、ツールと割り切ってに積極的に利用しましょう。 そして就職先を選ぶことに迷うようにしましょう。 おすすめの薬剤師向け転職サイト、転職エージェント情報。 薬剤師の方向けの転職サイト、エージェントをまとめました。 ...
40代、アラフィフ、中高年、シニアの転職のコツ|40代後半で3回の転職体験から
アラフィーで届いたヘッドハンティング、スカウトも紹介 私は20年以上在籍していたアカデミアからヘッドハンティングで47歳で転職しました。そしてコロナ禍の中、49歳でさらに2度転職をしました。 アラフィー40代後半でも転職はできるのだろうか? 私も40代後半から転職にチャレンジしました。悲しい事実として、35歳を過ぎると求人数が急速に減少し始めるのが転職市場の特徴です。 ...
ハイクラス・エグゼクティブクラスへの転職に強いエージェント
ハイクラス転職を得意とする転職エージェントは数多くありますが、得意とする分野が異なっています。また持っている非公開求人も異なります。 ハイクラス・エグゼクティブクラスの転職を狙う方は複数登録しておくことをおすすめします。複数のエージェントからサポートを受けることで、より多くの非公開求人にふれることができ、ヘッドハントも届きやすくなります。
リモートワーク・テレワーク・在宅勤務職への転職に強いエージェント
リモワ女子はリモートワーク、テレワーク、在宅ワーク職に特化した転職エージェントです。ママキャリも運営する Personal(パーソナル)が母体です。リモワ女子、ママキャリはともに主婦層、ママ層に人気があります。東京しごと応援テラスは人材紹介をパソナキャリアが担当しています。在宅ワークのサポートプログラムもあり、女性が東京近郊で働きやすい職場を紹介してくれます。

 

おすすめ転職サイト
JAC Recruitment
Samurai Job (JAC recruitment)
アカリク転職エージェント
ビズリーチ
パソナキャリア
doda
リクルートエージェント 
リクルートダイレクトスカウト
Spring転職エージェント(アデコ)
マイナビエージェント
ヘイズジャパン
タイズ
ヒューレックス
メイテックネクスト
Kaguya
アージスジャパン
ランスタッド
就職shop
キャリアスタート
第二新卒エージェントneo
UZUZ、ウズキャリ理系

女性におすすめ
リアルミーキャリア
ラシーク
ママキャリ(ママの求人キャリア、旧リモワ女子)
リブズキャリア
リワークス
女性しごと応援テラス・東京しごとセンター

 

コメント