40代後半だけで2度目の転職|アラフィーの無謀なチャレンジ体験談(随時更新)

転職ノウハウ・コツ・裏技集

49歳転職活動の実録

私自身、40代後半になって2度も転職活動をすることになるとは思いませんでした。

特に、この2回目の転職活動はコロナ禍も重なって求人数は急激に減少、エージェント活動も低迷気味で反応が悪くなってきた時期だったので、49歳のチャレンジはなかなか難航しました。

この記事では、コロナ禍でもめげずに無謀なチャレンジをしたアラフィーの転職の様子を紹介させていただきます。

コロナ禍で転職市場は低迷

新型コロナウイルスの影響で、2020年前半から世界中の経済活動の一部がストップしました。

リモートワークなどの普及もあってIT業界やWeb業界は需要拡大がつづいていますが、

それ以外の業種にはさすがに大きな影響が出ました。

40代一回目の転職時には、エージェントが企業側に、こういった人がいるんだけれど、という感じでアピールしてくれたこともありました。

しかしコロナ以降ではそういったエージェント活動もなくなり、スカウト連絡も明らかに減りました。

大手の転職サイトで検索しても、同じような求人ばかりひっかかるんですね。

新しい案件もほとんど入ってこない状況が続いていました。

今までのやり方では、応募したいと思う求人はなかなか見つからず、正直途方にくれていました。

作戦変更

そこで、今までの転職活動にさらにテコ入れをしてみました。

まず、エージェント力に定評のある人材紹介エージェントを中心に登録数を増やしました。

大手転職サイトには載っていないレアな求人が見つけられたり、良い求人と効率的にマッチングできるのでは、と考えました。

さらにアカリクなど専門に特化したエージェント(その1その2その3)もあわせて登録するようにしました。

自分の専門にあった求人をみつけるためには、やはりその分野に特化していないと、と考えました。

そして、以前に大変お世話になったJACリクルートメントも連絡をしてサポートをお願いしました。

それまでは超大手のメジャーな転職サイトの検索が中心だったのですが、

それが裏目だったようです。

情報量が多い分、スカウトも機械的でマッチング力がよくない。

どのサイトで検索しても同じような求人が並んでいました。

ところが、中小エージェントや力のあるエージェントには、オリジナル求人や非公開求人といった本当にレアな求人を持っているんですね。

さらにエージェント自身がマッチングするので、コロナ禍でも、え、っと思うような求人情報を連絡してくれました。

自分の専門にあった企業の求人を手にすることができると応募数も増えて、就活の状況は一気に好転しました。

風向きが悪くても良い方向にアンテナを広げたことで、コロナ禍でも的確な情報が収集できるようになったようです。

コンサルタントから連絡

そんな中、以前からお世話になっているJAC Recruitmentの女性コンサルタントから連絡が届きました。

いつもお世話になっております。JAC Recruitmentのコンサルタント####です。
本日は##様へご相談したい案件がありましたので、ご連絡させて頂きました。
求人内容をご確認頂き、よろしければ、具体的な会社概要/求人内容を含めてお話しのご機会を頂けますでしょうか。
お忙しい中かとは存じますが、ご連絡心よりお待ち申し上げております。
———————————————————–
【社名】 株式会社######
【事業内容】####を使った###をベースとした##事業
【職種】 ##研究員
【仕事内容】##事業をさらに加速して行っていく上で、##研究員として###をお任せ致します。
ご経験に応じて企画の立案・推進業務・社外との折衝など幅広いご活躍を期待しております。
【雇用形態】 無期雇用
【給与条件】 年俸制
【年収】6,000,000円 ~8,000,000円
———————————————————–

この業界は長年携わってきていたので、紹介していただいた会社のこともよく知っていました。

正直、悪い噂もたくさん聞いていたので、最初は如何なものかと感じていました。

最初の連絡をいただいてから、数日後にコンサルタントの方とお話をさせていただきました。

現存の技術に加えて、新たな事業も手掛けるということでした。

幸い、私自身はどちらの分野も経験があり、自分のバックグラウンドを最大限に活かすことができると思いました。

あとはコンサルタントの方の熱意も伝わりました。

そこで、JAC Recruitmentのコンサルタント経由で応募をさせていただくことにしました。

書類通過

応募のお願いをして二日後にコンサルタントから電話があり、書類が通りました、との連絡をいただきました。

本日掲題の件につきまして、ご報告でご連絡になります。
改めてこの度書類選考【合格】おめでとうございます!
次回面接の日程が確認出来まして、下記にて確定出来ますでしょうか。
■日時:###
■面接官 ###様、####様
また、明日事前に打ち合わせ出来ればと存じまして、ご都合いかがでしょうか。
ご連絡お待ちしております。
よろしくお願い致します。

コンサルタントが応募書類を先方に送った直後に先方から合格の連絡があったそうです。

私の専門性が相手のニーズとドンピシャでした。

すぐに面談をさせてほしいとのことでしたので、2日後にZoom面談をすることにしました。

コンサルタントと一次面接対策

早速、その翌日にコンサルタントと電話で面談対策をさせていただきました。

・企業情報と研究施設の現状の把握、将来的な展望の説明
・面接官二名の経歴やバックグラウンド
・想定される質問
・技術的な課題などについての逆質問の精査

などについて打ち合わせをさせていただきました。

JACのコンサルタントの方はアカデミア業界、研究業界についてもよくご存じだったので、

この企業が持ち合わせている技術が抱えている課題などを洗い出すことができ、

逆質問の内容をしっかり吟味させていただくことができました。

1次面接

研究部門責任者と経営部門部長とのZoomで面談でした。

定番の簡単な自己紹介と志望動機を話したあとは、履歴書や職務経歴書の個々の内容について質問を受けるという感じでした。

この両名はある業界のエキスパートでしたが、この社の技術については全くの未経験者でした。

幸い、私はこの研究分野に20年以上携わってきていて、この社の技術についてもアカデミア時代に経験していたこともあり、

すべての質問に無難に答えることができました。

また、専門的な逆質問もすることができて、印象もよかったのではないかと思いました。

コンサルタントと2次面接対策

1次面接の数日後にコンサルタントから電話連絡があり、無事1次面接は通過したとのことでした。

その日の午後、メールで改めて連絡があり、

お世話になっております。
本日お電話にてお時間頂きまして誠にありがとうございました。
次回2次面接の日程が確認できまして、下記にて確定できますでしょうか。
■日時:##日 #時

次回ご面接に向けて、課題が届きました。
添付資料の内容に関して、当日までに実施頂きたいとのことですが、ご対応頂くことは可能でしょうか。

とのことでした。

課題は専門的なものでした。

・与えられた課題について研究戦略を提案せよ

・与えられたあるデータについて考察せよ

というものでした。

前者の課題については、以前に経験のある内容でした。

測定器などハード系は以前に在籍していた機関が多数もっていたこともあって知識は十分あり、

それらの測定方法の比較も容易にできました。

後者のデータは全く経験がありませんでしたが、ネットで自分なりに情報収集をして、自分なりに分析をしておきました。

2次面接

2次面接は経営推進部部長と社外の事業コンサルタントの方でした。

すぐにZOOM&PPTを使って、課題の発表をすることになりました。

1問目については、知識と経験がしっかりあったものだったので、むしろ先方を圧倒した感がありました。

自分が実際に測定したデータもおりまぜて、各測定方法のメリット、デメリット、装置の価格、スループットの良し悪しなどを説明しました。

恐らく先方が想定していた以上の情報量があったのではないかと思います。

2問目については基本的な説明は抑えられました。

ただ、そもそも提示されたデータの妥当性に問題があり、その部分については気が付くことができませんでした。

あとは、将来の方向性や入社後の展望、専門外の分野の仕事について聞かれました。

自分のバックグラウンドを社会のために活かせるような仕事をしたい、持ち合わせていない知識はこれからもしっかりと勉強したいと伝えました。

2次面接通過

週が明けて間もなく、コンサルタントの方から連絡がありました。

掲題の件につきまして、ご報告でご連絡になります。
この度2次面接【合格】となりまして、ぜひ次回最終面接にお越し頂きたい旨ご連絡を頂きました。おめでとうございます!
つきましては、次回CEOと、直接対面にて実施出来ればと承っております。
ピンポイントで恐縮ですが、###にて、1時間程度ご都合いかがでしょうか。
ご連絡お待ちしており###宜しくお願い致します。

無事2次面接も通過となりました。

2つめの課題については少々不安したが、1問目の課題についての実績が豊富だったのが幸いしたのだと思います。

コンサルタントと最終面接対策

数日後に最終面接の打ち合わせをコンサルタントの方とさせていただきました。

企業への資金調達の状況から、業界の動向、会社の課題、将来性などから、あまり関係ない他社の話など一時間ほど話をさせていただきました。

特にこちらから質問する「逆質問」について、どういったものがよいか相談できました。

CSOは経営の専門家で、科学者出身ではないとのことだったので、あまりマニアックな質問は控えたほうがよいとのことでした。

的確な逆質問を当日までにしっかり考えておこうと思います。

いよいよ最終面接

いままではZoom面接だったのですが、最終面接はCEOとの対面の面接でした。

自分より若いCEOで、ベンチャーだけあってTシャツに短パン、サンダル姿でした。

これにはちょっとたまげましたが、話はしっかりしていました。

ちなみに当初、応募した部署ではなく、別の部署で採用を考えている、とのこと。

他、聞かれた内容は

自己紹介、志望動機
前の会社の退職理由
共働き&子育ての現状
残業はどの程度できそうか
将来のキャリアプラン
環境変化についていけるか
仕事の範囲が広いが大丈夫か

といった感じでした

ちなみに逆質問は

研究ターゲットはどうやってきめるか?
技術的にできないターゲットはどのくらいあると考えているか?
借りている測定装置はいずれ自前で購入するのか?
別の技術を導入する予定はあるのか?

といったことを聞きました。

あと年棒は前職より下がる可能性が高いとのこと。

このあたりはエージェントの交渉力が試されますね。

最終面接後のフォロー

最終面接が終わって2時間後くらいにコンサルタントから連絡がありました。

まず、CEOがTシャツ、短パン、サンダル姿だったことを伝えるとさすがのコンサルタントも驚いていました。

あとは質問された内容と逆質問の内容を伝え、率直な感想を伝えました。

最終面接の結果の連絡

最終面接から二日後、結果の連絡がありました。

お世話になっております。
先ほどはお時間頂きまして、誠にありがとうございました。
改めて最終面接【合格】おめでとうございます。

なんと、無事内定を獲得することができました。

40代後半で2回目の転職。

49歳のチャレンジは一応成功しました。

年棒についてはもう少し交渉の余地があるので、エージェント経由で交渉をしてみようと思います。

おすすめの転職サイト、エージェント情報

転職サイト40選|転職成功者のおすすめ|女性、ママ、理系、ハイキャリア、在宅も
実際に利用した転職成功者おすすめの各種転職サイト、転職エージェントを特集します。転職サービス各社にはそれぞれ特徴があります。その特徴にあわせて登録・利用することがキャリアアップのポイントです。企業側からのスカウトも届きやすくなります。
実際にヘッドハント、スカウトが届いた転職エージェントランキング
アカデミア歴20年の私に届いたヘッドハンティング・スカウトを掲載。複数登録がおすすめ。 ここでは、アラフィーの私が利用しているおすすめの転職サイト・転職エージェントをランキングで紹介します。 実際に届いたスカウトメール、ヘッドハンテ...
ものづくりエンジニア・ITエンジニアにおすすめ転職エージェント13選
この記事では製造業ものづくりエンジニアやITエンジニアなどの理系出身者向けの技術職に転職に特化した転職エージェントの選び方についてご紹介いたします。 良い条件の求人に巡り合うためには、在職中に転職エージェントに登録してスカウトを待つこ...
転職サイト40選|転職成功者のおすすめ|女性、ママ、理系、ハイキャリア、在宅も
実際に利用した転職成功者おすすめの各種転職サイト、転職エージェントを特集します。転職サービス各社にはそれぞれ特徴があります。その特徴にあわせて登録・利用することがキャリアアップのポイントです。企業側からのスカウトも届きやすくなります。
薬剤師向け転職サイト・転職エージェント|女性の方にもおすすめ
アラフィーで転職した運営者のアドバイス 転職サイトというのは転職候補の選択肢を増やすツールです。 ツール選びに迷うのではなく、ツールと割り切ってに積極的に利用しましょう。 そして就職先を選ぶことに迷うようにしましょう。 おすすめの薬...
40代、中高年、シニアの転職のコツ|40代後半で2回の転職体験から
ヘッドハンティング、スカウトも紹介 私は20年以上在籍していたアカデミアからヘッドハンティングで47歳で転職しました。 そしてコロナ禍の中、49歳でもう一度転職に成功しました。 40代後半でも転職はできるのだろうか...
女性におすすめ転職サイト・エージェント|ママからキャリアウーマンまで
女性に特化した(男性もOK)おすすめの職サイト、転職エージェントをご紹介
転職ノウハウ・コツ・裏技集
転職は情報量が決めてになります。うまくアンテナをはることで思いもよらない求人情報が入手できたり、ちょっとしたコツで書類選考や面接の通過率もかわってきます。転職する時期やタイミングには好機があります。また、転職には当然リスクというものがあります。求人票の中にも会社の思惑が見え隠れする「暗に意味するフレーズ」というものがあり、そういったものを事前に読み解く必要があります。 40代後半で転職を成功させた実体験に基づいて、そういった転職のノウハウや裏技を紹介させていただきます。

 

コメント

PAGE TOP
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました