転職の好機はいつ?キャリアアップ成功につながる転職のタイミング

転職ノウハウ・コツ・裏技集
転職の好機とはどのようなタイミングでしょうか?転職をする最適なタイミングについてご紹介させていただきます。

転職すべきタイミング、好機とは

転職は人生において大きなイベントです。
実際の転職を実行するとなるとなかなか踏ん切りがつきません。
しかし転職には「この時こそ転職をしたほうがよい」というタイミングがあります。
以下のようなタイミングに遭遇したときには是非転職を考えてみてください。

組織内でキャリアアップが行き詰まったとき

転職の目的の一つにキャリアアップがあります。自分自身のキャリアを現状より上にあげられるような転職なのかどうか、が大事です。
以下のような項目に当てはまる方、感じている方は転職を検討するタイミングといえると思います。

・現在の会社では学ぶべきものは少ない
・人材的に行き詰っている
・獲得スキルやステップアップの速度が鈍っている
・業務内容・担当業務の狭く、マンネリ化している
・仕事量が少ない・担当プロジェクトが緩慢
・所属企業に将来像が見えない(
・組織に制約がある

エージェントや知人から声がかかったとき

「うちで仕事をしないか?」
いわゆる引き抜きです。相手はあなた自信の仕事ぶりを評価して声をかけてくれたわけです。このときこそ、転職の好機といえます。行き詰ったキャリアアップや収入アップも容易にクリアできる可能性があります。ただし、相手の会社を十分にリサーチして、給与水準や経営状況などは把握しておくことが大切です。転職後に「給与は下がってしまった」「倒産してしまった」という事態は避けたいですね。

もう一つは転職エージェントからのスカウト、ヘッドハントも転職の好機といえます。転職エージェントは自分自身のキャリアやスキルが転職市場でどのような評価を得るのかを一番理解している転職のプロです。様々な業種や職種の中から適性に合う求人を紹介してくれるため、必然的に自分のスキルや実績にあった転職先を紹介してくれます。場合によっては自分では思ってもみなかった求人が届くこともあると思います。それは、新たな可能性と出会うチャンスなのかもしれません。

そのためには転職サイト、エージェントににあらかじめ登録しておく必要があります。ビズリーチの一部のサービスを除けば、サービスはすべて無料なので、とりあえず登録しておく、ことが重要です。転職エージェントと一緒に、新しいキャリアプランを描いてみてはいかがでしょうか。

担当している仕事やプロジェクトの区切りの良いタイミング

転職することを会社側に伝えると、上司や同僚から引き留めにあったり、先延ばしを要求されたりすることもあると思います。「立つ鳥跡を濁さず」といいますが、やはり現職を辞めることによって先に努めていた組織に迷惑をかけては意味がありません。できるだけ円満退社を心がけましょう。どうしても退職することができない場合には退職代行ガーディアンなどの退職代行業者に依頼するのもありでしょう。

ボーナスをうけとってから

「ボーナス転職」
という言葉を聞いたことがあるかたも多いかと思います。実際、ボーナスを受け取るタイミングで転職する人は多いのが現状です。できれば、退職の意思を表明する前に、前職のボーナスと転職後のボーナスの額をできれば把握し、どちら多く受け取ることができるか判断してから転職のタイミングを決めたほうがよいでしょう。

これから住宅ローンを予定している場合は注意

新居、マンションなど住宅ローンを使って購入することを考えている方は転職のタイミングに注意してください。転職して勤続年数が浅くなってしまった場合には住宅ローンが組めないこともあります。

コロナ禍の現在は?

確かに、現在はコロナ禍で新卒採用数も低下気味です。
「今、転職活動しても無理では」
「新型コロナウイルスの影響で、どの企業も中途・キャリア採用は滞っているのでは?」
というイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、実際は違います。

通常はエージェントや企業の面接は直接出向いて対面で話す必要があります。
しかし、最近はオンライン化が進み、今はどちらもオンラインや電話で行っています。
そのため、普段より選考過程がスムーズになって、むしろ効率的に転職活動が進むケースも多くなりました。
今後、ワクチン接種がすすむにつれ、社会活動か復活し、転職市場も活性化することが予想されます。
今のうちに転職サイト・転職エージェントに登録して、自分にあった担当者をみつけておくことも大切です。

一年を通して、転職市場には波があります

1年を通して求人がゼロになることはありません。
しかし、企業側が採用を強化する時期、セーブする時期が存在します。
ここからは時期ごとの転職市場の動向について解説します。

3月は転職市場が活性化

3月は企業が下記の理由で採用に積極的です。

・年度の区切りで退職者が出やすく、欠員の穴埋めをしたい
・新たな事業計画や組織編成に備えて、人手を増やしたい
・新年度がスタートする4月までに、採用を完了させたい

そのため、転職市場は活発化します。
ただ、人気企業や好条件求人などはすぐになくなってしまうことあります。
できれば3月までに転職サイトやエージェントへ登録し、
3月に入った段階では転職エージェントから多くの情報をもらって、
有利に転職活動を行えるようにしましょう。

5月に出る求人は、急募であることが多い

「5月病」と言われるとおりに、GW明けごろに4月入社の新卒などがすぐに辞めてしまったことによる欠員補充があります。
また、4月入社までの募集が不十分でその追加の募集があります。
新卒入社とほぼ同時期に入社できるため、社内教育も改めて行う必要がありません。
そのため、スキルや経験などが採用基準に満たない場合でも採用してもらえる可能性があります。

6月以降は転職者が増える傾向

6月以降は転職者が増える傾向があり、企業側の選考が厳しくなります。
4~5月の求人はチャンスなので、しっかりチェックしておきましょう。

夏場は選考が長引く傾向あり

採用担当者の夏季休暇のタイミングと重なって選考結果が先送りになることがあるため、8月は選考期間が長引く傾向があります。
転職を検討している場合は、6~7月までに求人をチェックして転職活動を始めるのがすすめです。

8~9月中に転職しないと、ボーナスをもらい損ねるかも

冬のボーナスは、査定期間に含まれる10月時点で在籍していないともらえない可能性が非常に高いです。
つまり、8~9月中の転職転職前の会社で夏のボーナスを受け取り、転職先の会社で冬のボーナスを受け取る唯一のタイミングといえます。
転職を考えている方は、いち早く求人チェックを始めましょう。

9月~11月は下期に向けて求人が増える傾向

9月は、多くの企業にとって上半期が終わるタイミングです。
仕事やプロジェクトに区切りをつけることができるまめ、転職を考える人が増加します。
ボーナス退社や年末で区切りを付けたい転職者を見越して企業側の採用活動も活発化します。
さらにこの時期は、上半期分の欠員を補充する傾向もあります。

5月、8月、12月の長期休み期間の動向

 5月、8月、12月はゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始休暇といった長期休みの期間にあたるため、企業の採用担当者と応募者との日程調整が難しく、企業の採用活動が落ち着く時期です。ただ、長期休暇を使って転職先を探すケースも多いため、ハイキャリア人材や専門性に特化した人材を探している企業などはこの時期に人材を探しているケースもあります。特に非公開求人はしっかりチェックしたほうがよいです。

まとめ:どの時期に転職をするのがよいのか?

人生の一大イベントとなる転職。できれば失敗したくはないですね。
まずは転職エージェントやコンサルタントなどプロに相談してみるのがよいかと思います。
また、転職市場は月や時期ごとに傾向がありますが、最適な時期が来るのを待つ必要はありません。
閑散期でも転職会社には何十万という非公開求人があります。
ベストな時期を待って求人を逃すよりは、すぐに転職活動を開始するほうが吉です。
思い立ったら転職サイトや転職エージェントへ登録する
など、なんらかの活動を開始することをおススメします。

おすすめの転職サイト、エージェント情報

当サイト掲載の全転職サイト・エージェント
おすすめの転職サイト・転職エージェント情報をご紹介します。実際に届いたヘッドハンティング、スカウトメールも掲載。40代後半で内定を獲得したコツ、ノウハウを教えます。
アカデミアから民間企業への転職ノウハウ|アカデミア歴20年の博士の就活のコツ
博士、助教、任期制研究者、ポスドクなど博士号取得者の強みと転職ニーズ 「任期制のポストを続けても将来が不安」 「博士って企業で採用してもらえるのか?」 「どうやって民間の転職先をみつければいいのか?」 「アカデミア出身者はどのエ...
【理系出身者必見】理系人材に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント
開発職や研究職、技術者、アカデミア在籍者(ポスドク、博士号取得者、任期制研究員、助教など)など理系出身者におすすめの転職サイト、転職エージェント情報を紹介します。 理系出身のコンサルタントが多く在籍する転職エージェントや、アカデミア出身者に特化したアカリク、エンジニア向けなど各分野に特化したエージェントもあります。
レアな求人を紹介!中小でも実力のあるエージェント
求人数が多い大手転職サイトは検索機能もエージェント機能も充実しています。 一方で中小企業規模の転職エージェントは企業とのつながるも深く、求人と求職者のマッチングも人の手で行うなど、思いもよらないレアな求人が届くことがあります。 大手だけでなく、中小規模の転職エージェントも活用してみてください。
時短・リモート・フレックスなど柔軟な働き方を実現|女性、ワーママにおすすめ転職サイト・エージェント
時短・リモート・フレックスなど柔軟な働き方を実現|女性・ワーママにおすすめ転職サイト・エージェント
実際にヘッドハント、スカウトが届いた転職エージェントランキング
アカデミア歴20年の私に届いたヘッドハンティング・スカウトを掲載。複数登録がおすすめ。 ここでは、アラフィーの私が利用しているおすすめの転職サイト・転職エージェントをランキングで紹介します。 実際に届いたスカウトメール、ヘッドハンテ...
ものづくりエンジニア・ITエンジニアにおすすめ転職エージェント13選
この記事では製造業ものづくりエンジニアやITエンジニアなどの理系出身者向けの技術職に転職に特化した転職エージェントの選び方についてご紹介いたします。 良い条件の求人に巡り合うためには、在職中に転職エージェントに登録してスカウトを待つこ...
転職サイト50選|転職成功者のおすすめ
実際に利用した転職成功者おすすめの各種転職サイト、転職エージェントを特集します。転職サービス各社にはそれぞれ特徴があります。その特徴にあわせて登録・利用することがキャリアアップのポイントです。企業側からのスカウトも届きやすくなります。
薬剤師向け転職サイト・転職エージェント|女性の方にもおすすめ
アラフィーで転職した運営者のアドバイス 転職サイトというのは転職候補の選択肢を増やすツールです。 ツール選びに迷うのではなく、ツールと割り切ってに積極的に利用しましょう。 そして就職先を選ぶことに迷うようにしましょう。 おすすめの薬...
40代、中高年、シニアの転職のコツ|40代後半で2回の転職体験から
ヘッドハンティング、スカウトも紹介 私は20年以上在籍していたアカデミアからヘッドハンティングで47歳で転職しました。 そしてコロナ禍の中、49歳でもう一度転職に成功しました。 40代後半でも転職はできるのだろうか...
ハイクラス・エグゼクティブクラスへの転職に強いエージェント
ハイクラス転職を得意とする転職エージェントは数多くありますが、得意とする分野が異なっています。また持っている非公開求人も異なります。 ハイクラス・エグゼクティブクラスの転職を狙う方は複数登録しておくことをおすすめします。複数のエージェントからサポートを受けることで、より多くの非公開求人にふれることができ、ヘッドハントも届きやすくなります。
リモートワーク・テレワーク・在宅勤務職への転職に強いエージェント
リモワ女子はリモートワーク、テレワーク、在宅ワーク職に特化した転職エージェントです。ママキャリも運営する Personal(パーソナル)が母体です。リモワ女子、ママキャリはともに主婦層、ママ層に人気があります。東京しごと応援テラスは人材紹介をパソナキャリアが担当しています。在宅ワークのサポートプログラムもあり、女性が東京近郊で働きやすい職場を紹介してくれます。

 

おすすめ転職サイト
JAC Recruitment
Samurai Job (JAC recruitment)
アカリク転職エージェント
ビズリーチ
パソナキャリア
doda
リクルートエージェント 
リクルートダイレクトスカウト
Spring転職エージェント(アデコ)
マイナビエージェント
ヘイズジャパン
タイズ
ヒューレックス
キャリアスイート
メイテックネクスト
Kaguya
アージスジャパン

女性におすすめ
リアルミーキャリア
ラシーク
ママキャリ
リブズキャリア
リワークス
女性しごと応援テラス・東京しごとセンター

コメント

PAGE TOP
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました