リスクが潜むベンチャー企業への転職|体験談と現場の実情を解説

転職ノウハウ・コツ・裏技集

ベンチャー企業への転職のメリット・デメリット

日本でも急成長を遂げるベンチャー企業が増えている中で、
「ベンチャー企業で働いてみたい。」
「ベンチャー企業の将来性ってどう?」
「大手企業とベンチャー、どっちがいいの?」
「どんなベンチャー企業がいいの?」
と転職先としてベンチャー企業を視野に入れている方も多いと思います。
この記事では、運営者自身のベンチャーの転職経験に基づいて、ベンチャー企業へ転職する際に注意すべきポイントをご紹介します。

そもそもベンチャー企業とは?

ベンチャー企業に明確な定義はありませんが、独自のアイデアや先端技術を軸に新規に起業した新興企業を指します。
そのほとんどが小~中規模の企業になります。
ちなみにベンチャー企業という言葉は、日本人が作った和製英語です。「リスクのある事業を行う会社」=「大企業が参入しにくい分野において、革新的な技術やアイデアでで事業展開している中小企業」という意味で使われる言葉になります。

ベンチャー企業の特徴と転職したときのメリット・デメリット

個人の裁量が大きい

大手企業の場合、社内の体制や文化が決まっていて、そのシステムに従うことが求められます。
その点、ベンチャー企業は、創業数年というケースが多く、社員も少ないことから、個々の裁量に任せてもらいやすことも事実です。
成果次第では、昇進や昇給といったチャンスもつかみやすい環境です。

経営者の質

個人的にベンチャーの経営者と話をする機会が多いのですが、そのたびに感じることがあります。
立ち上げて間もないベンチャーは特にそうなのですが、日常の振る舞いや経営方針に敬意が感じれず、話しているだけで不愉快な思いをすることもありました。若くして会社を立ち上げてしまったゆえに、社会常識を学ぶ時間がなく、社長や経営陣の社会的常識がない、というケースは多いようです。そういった会社は、社内・社外・コンプライアンスといったところで問題を抱えているケースも多く、その会社のひとつの姿を現していると考えたほうがいいでしょう。

類は友を呼ぶ

ベンチャー企業に入社したときに感じたのですが、同じようなバックグラウンドや経歴の人たちが集まる傾向があります。勤続年数も短いので、なじみやすい面があります。ただ、社内で異動がほとんどなく、入社したときにはすでに社内の人間関係が破綻しているなんてことも。
企業規模が小さいゆえに、人間関係の修復は難しいケースが多いようです。

ミスマッチ

ベンチャー企業に勤めている人は個性が強い傾向があります。特に社のトップが強烈なキャラクターの場合は、社員数の少ないベンチャー企業全体が独特の雰囲気につつまれていることもあります。また、30代、40代でベンチャー企業に転職する場合には、ベンチャー企業側にこうした年代を受け入れる体制が整っていないことがよくあります。若い世代の働き方とシニア世代の働き方では大きく違います。こういったミスマッチはベンチャーへの転職によくありますので気を付けましょう。

社長、経営陣が近い

ベンチャーの特徴として、経営陣や役員とも距離が近いことが挙げられます。日常的に経営陣や社長と意見交換をすることができ、課題や目標を共有しやすい環境にあります。反面、トップダウンで物事が決まってしまうこともあります。また、経営陣が近いことで、経営陣個々の能力がわかってしまうことがあります。
「意外と現場のことは知らないんだ」
「現場を理解してくれない」
「なんでこんな人の下で働かないいけないんだ」
なんて感じてしまうこともあります。
また、経営陣から現場に対して強い圧力がかかって、現場が何も言えない、という状況になっていることもあります。ベンチャー企業は従業員が少なく、口コミなどにもこういった現場の声はかかれていることも少ないのが現状で、入ってから、「あ、実際はこんな会社だったんだ、、、、」と気づくこともあります。

有給が少ないことも、みなし残業代も注意

立ち上がって間もないベンチャーは福利厚生などが手つかずの場合があります。有給10日だけ決められていて、夏休みなし、産休、育児休暇、介護休暇は取得はできるものの無給というところも多いのが実態です。何かあった場合には無給休暇を取得する必要がでてくることも多いのが現状です。また、みなし残業代といってあらかじめ残業代が年棒に含まれているケースもあります。この場合、基本給は年棒から残業代を差し引いた額になり、ボーナスの計算などは差し引かれた額を基に計算されることになります。

コンプライアンスにルーズなベンチャーも

ベンチャーの経営陣は、若く、経験も浅い方が多いので、社会経験を積まずに会社のトップになってしまうこともあります。ベンチャー企業の経営陣の中には、人や会社としてやっていいこと、やってはいけないことがわらかない人もいるかもしれません。大手企業と違って、ベンチャー企業には自浄能力というものが欠けています。ベンチャーに転職される場合には、こういったこともある程度覚悟しておく必要があります。また、最近、×××の夜明けに出たバイオベンチャーが文春砲の直撃を受けました。実は、とあるエージェントからこのベンチャーのオファーを受けた直後でした。真相は定かではありませんが、煙のないところにはなんとやら、とも言います。過度なパフォーマンスや誇大広告をかかげているベンチャーは本当に要注意です。本来、本当に実力のあるベンチャーはそのようなパフォーマンスや広告は不要なのです。自浄能力に欠けている可能性大、経営陣が勘違いしている可能性大です。

ベンチャーの年収は?

一般的には大手企業より給与水準が概ね低く、入社後のボーナスや昇給も会社の業績次第になります。ただ、私の経験からすると、入社時におけるトップの評価次第と感じました。ベンチャーで必要としているスキルや知識を持っていて、トップが十分に評価してもらえるのであれば、年収もその分上乗せが期待できます。必要とあらばしっかりと投資してくれる、というのもベンチャーの特徴です。場合によっては、入社後にストックオプションの権利などを与えてくれるケースもあります。ちなみに多くのベンチャー企業には退職金制度がありません。裁量労働制や年棒制、といった制度を取り入れているところも多くあります。生涯賃金はやはり大手企業には及ばないので、高収入を求めるのであれば改めて転職を考えてみるのも一つの手でしょうか。

ベンチャー企業の将来性は?

スタートして間もなかったり、上場した直後はまだ資金が潤沢にありますが、持ち合わせている技術をもとに収益を出すことができなければ、経営状況は間違いなく不安定化します。大手企業のように、一つの部門がなくなったとしても、他の部署へ配属すればよいのですが、ベンチャー企業はそのような器はなく、場合のよっては即リストラ、ということもあります。ベンチャーゆえの不安定さはデメリットとしてしっかり覚悟しておいたほうがよいでしょう。

ベンチャー企業の過度なパフォーマンスには注意

ベンチャー企業はテレビ番組や様々メディアへ露出を増やしたり、得られた成果を盛大にアピールする傾向があります。そうすると、会社の知名度だけが先行してします。先にも書きましたが、ベンチャー企業のパフォーマンスには要注意です。企業の知名度は、会社の将来性や社員の待遇とは関係ありません。また、すべての投資家がその業界に詳しいわけではなく、ましては賢いわけでもありません。素人判断でスタートアップ資金を提供しているベンチャーキャピタルもあります。そういったところから資金調達しているベンチャーも当然要注意です。もし知名度の高いベンチャー企業が目にとまったときには、経営状況が上向きで知名度があがったベンチャー企業なのか、それとも単にアピール上手なベンチャー企業なのか、資金源は大丈夫なのか、しっかり見極めてください。

優良なベンチャー企業もあります

ちなみに

  • 週刊東洋経済紙の『すごいベンチャー100』
  • ベンチャー通信編集部の『ベストベンチャー100』
  • 『Forbes』など世界的な経済誌

などに掲載されたベンチャー企業は優秀です。将来的に大きな期待ができる企業といえます。過度な広告、広告塔を掲げなくとも実力で知名度を獲得できます。また、ベンチャーキャピタルや個人投資家から大型資金を調達したり、さらに上場を成し遂げたのベンチャー企業は当面(10年程度)は安泰です。一つの目安として、急成長していたり、勢いのあるベンチャー企業はオフィスやラボを移転をします。そのため、ベイエリアには優良ベンチャー企業のオフィスやラボが立ち並ぶようになりました。そういったベンチャー企業は注目してもいいかと思います。

会社の内部の様子を事前に把握しておきたい。

もし、ベンチャー企業の内定が取れた場合、社内の様子はできるだけ把握しておきましょう。従業員が少ないこともあり、口コミがないところも多いかもしれませんが、まずは口コミサイトなどで情報をあつめてみてください。

Yahoo 仕事カタログ(リニューアルして使いやすくなりました)
https://jobcatalog.yahoo.co.jp/

Openwork(旧Vorkers)
【公式】https://www.vorkers.com/

転職会議
【公式】https://jobtalk.jp/

キャリコネ
【公式】https://careerconnection.jp/

カイシャの評判
【公式】https://en-hyouban.com/

あと、できれば、入社前に会社見学などをさせてもらうことをすすめます。所属となる部の雰囲気、人間関係に探りをいれて、疲れた人がいないかチェックしてみてください。さらには仕事の振り分け方、残業の実態なども質問してもよいでしょう。また、求人が一人だけという場合も注意してください。ベンチャー企業は社員が少ないために、前任者が何らかの理由で退職してしまった場合には、すぐに求人を一人だけ出すことがあります。その場合は、なぜ自分のポジションが空きになったのか、探りをいれてみてください。

私の場合、内定後に会社訪問を何度か行ったのですが、自分が配属になる部署から大量の離職者が出ていたことや、会社内でもブラックな部署だったということに気がつくことができませんでした。会社訪問の時に、あれ?っと疑問に思ったことがあったのですが、今考えると、それがまさにブラックが原因でした。ベンチャーの場合、そういったリスクも高いことは理解しておいてください。

ベンチャー企業に向いている人

次のようなタイプの人は、ベンチャー企業に向いている人物像にあてはまります。

  • 自身の成長を望み、積極的な人
  • 変化を楽しめる人。
  • 自分の可能性を試したい人
  • 将来的に独立や起業を考えている人
  • 幅広い経験を積みたい人。
  • 企業の経営に関わるさまざまな知識も身につけたい人
  • 朝からランニングができるタイプ
  • あまり空気を読めない人(周りの空気に惑わされない人)

まとめ:企業分析はしっかりと

ベンチャーで就労していた運営者自身の経験に基づいて、ベンチャー企業の性質や注意事項をまとめました。
ベンチャーへの転職はチャンスがあるだけでなく、リスクもあることを念頭に転職活動をしてください。

おすすめの転職サイト、エージェント情報

当サイト掲載の転職サイト・エージェント
おすすめの転職サイト・転職エージェント情報をご紹介します。実際に届いたヘッドハンティング、スカウトメールも掲載。40代後半で内定を獲得したコツ、ノウハウを教えます。
アカデミアから民間企業への転職ノウハウ|アカデミア歴27年の博士の就活のコツと経験談
40代後半でアカデミアから民間企業への転職した私の経験をもとに博士、ポスドク、研究者からの転職に役立つノウハウをご紹介します。博士向けの就職情報を提供し、専門性の高い人材を必要とする企業とのマッチングしてくれる人材紹介会社も紹介します。
理系出身者、理系人材向け転職サイト・エージェント
開発職や研究職、技術者、アカデミア在籍者(ポスドク、博士号取得者、任期制研究員、助教など)など理系出身者におすすめの転職サイト、転職エージェント情報を紹介します。 理系出身のコンサルタントが多く在籍する転職エージェントや、アカデミア出身者に特化したアカリク、エンジニア向けなど各分野に特化したエージェントもあります。
レアな求人を紹介!中小でも実力のある優良エージェント
求人数が多い大手転職サイトは検索機能もエージェント機能も充実しています。一方で中小企業規模の転職エージェントは企業とのつながるも深く、求人と求職者のマッチングも人の手で行うなど、思いもよらないレアな求人が届くことがあります。大手だけでなく、中小規模の転職エージェントも活用してみてください。
女性・ワーママ向け転職エージェント
時短・リモート・フレックスなど柔軟な働き方を実現|女性・ワーママにおすすめ転職サイト・エージェント
実際にヘッドハント、スカウトが届いた転職エージェントランキング
アカデミア歴20年の私に届いたヘッドハンティング・スカウトを掲載|複数登録がおすすめ ここでは、アラフィーの私が利用しているおすすめの転職サイト・転職エージェントをランキングで紹介します。各記事に実際に届いたスカウトメール、ヘッドハンティングメールも掲載してあります。 スカウトやヘッドハンティングが届く転職サイト&転職エージェントランキング アラフィフの私が転職に使用している転職...
ものづくりエンジニア・ITエンジニアにおすすめ転職エージェント14選
この記事では製造業ものづくりエンジニアやITエンジニアなどの理系出身者向けの技術職に転職に特化した転職エージェントの選び方についてご紹介いたします。良い条件の求人に巡り合うためには、在職中に転職エージェントに登録してスカウトを待つことが重要です。
転職サイト50選|転職成功者のおすすめ
実際に利用した転職成功者おすすめの各種転職サイト、転職エージェントを特集します。転職サービス各社にはそれぞれ特徴があります。その特徴にあわせて登録・利用することがキャリアアップのポイントです。企業側からのスカウトも届きやすくなります。
薬剤師向け転職サイト・転職エージェント|女性の方にもおすすめ
アラフィーで転職した運営者のアドバイス 転職サイトというのは転職候補の選択肢を増やすツールです。 ツール選びに迷うのではなく、ツールと割り切ってに積極的に利用しましょう。 そして就職先を選ぶことに迷うようにしましょう。 おすすめの薬剤師向け転職サイト、転職エージェント情報。 薬剤師の方向けの転職サイト、エージェントをまとめました。 ...
40代、アラフィフ、中高年、シニアの転職のコツ|40代後半で3回の転職体験から
アラフィーで届いたヘッドハンティング、スカウトも紹介 私は20年以上在籍していたアカデミアからヘッドハンティングで47歳で転職しました。そしてコロナ禍の中、49歳でさらに2度転職をしました。 アラフィー40代後半でも転職はできるのだろうか? 私も40代後半から転職にチャレンジしました。悲しい事実として、35歳を過ぎると求人数が急速に減少し始めるのが転職市場の特徴です。 ...
ハイクラス・エグゼクティブクラスへの転職に強いエージェント
ハイクラス転職を得意とする転職エージェントは数多くありますが、得意とする分野が異なっています。また持っている非公開求人も異なります。 ハイクラス・エグゼクティブクラスの転職を狙う方は複数登録しておくことをおすすめします。複数のエージェントからサポートを受けることで、より多くの非公開求人にふれることができ、ヘッドハントも届きやすくなります。
リモートワーク・テレワーク・在宅勤務職への転職に強いエージェント
リモワ女子はリモートワーク、テレワーク、在宅ワーク職に特化した転職エージェントです。ママキャリも運営する Personal(パーソナル)が母体です。リモワ女子、ママキャリはともに主婦層、ママ層に人気があります。東京しごと応援テラスは人材紹介をパソナキャリアが担当しています。在宅ワークのサポートプログラムもあり、女性が東京近郊で働きやすい職場を紹介してくれます。

 

コメント

PAGE TOP
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました