うつの方に向いている仕事探しの方法|おすすめの転職方法

~精神疾患・障害者向け~ 就労移行支援情報集
 
うつ病なんだけれど、収入が欲しい!
転職や再就職がしたい!

と思われている方はたくさんいると思います。
でも、

職場に出勤したり、働くことが不安
辛かったことをまた思い出すのでは?
体調が維持できるか自信がない

といった不安がよぎります。
では、どうすればうつ病の方向けの転職、再就職がうまくいくのでしょうか?

この記事では、うつ病の方の転職や再就職のノウハウをまとめました。

 

率直にどうやればいいの?普通の転職活動とは違うの?

うつ病の方の転職には、いくつか方法があります。

順に説明していきますね。

  • オープン、クローズで就活することの違い
  • うつ病を隠してクローズで仕事を探す方法
  • うつ病をオープンにして仕事を探す方法
  • 就労移行支援を経て仕事を探す方法
  • その他、便利な転職サービス

について解説します。以下はこの記事で紹介するサービスの一覧です。

【うつ病を隠してクローズで仕事を探す方法】
✓#リモワ女子(リモートワーク専門)

✓ママの求人マ、女性に特化、旧ママキャリ)
(リモワ女子とママの求人は統合しました)
✓東京しごとセンター(サポート充実)
✓DYM就職 (書類選考なし)
✓就職Shop(書類選考なし)

✓JACリクルートメント(番外編)
✓リクナビNEXT (無料の自己分析ツール)
【うつ病をオープンにして仕事を探す方法】
✓dodaチャレンジ 

✓障害者雇用バンク(旧エラビバ)
✓アットジーピー(atGP)
✓エージェント・サーナ 
【オープンでもクローズでも利用できます】
✓ハローワーク
【就労移行支援を経て仕事を探す方法】
✓ミラトレ
✓Cocorport (ココルポート、旧社名:Melk)
✓LITALICO(リタリコ)ワークス
✓atGPジョブトレ
【無料で適正と市場価値を診断】
✓ミイダス
 

いずれのサービスも利用料は無料です

最新情報は随時追加・更新していきます。
うつ病の方で転職に関心のある方はお役立てください。

オープン、クローズで就活することの違い

【オープン・クローズとは】
うつ病であることを転職先へ伝えたうえで転職活動をすること、その後もうつ病であることを前提に勤務することを「オープン」といい、一切伝えることなく、一般の方と同じ条件で勤務することを「クローズ」と言います。

下記サイトに詳細がまとめてあります。ご参考にしてみてください。

うつ病を隠してクローズで仕事を探す方法

うつ病を隠して転職するときにおすすめする転職サービスをご紹介します。

うつ病の方が仕事を探す際には、

・通勤や職場が不安
・フルタイムで働く自信がない
・仕事を短期で辞めてしまった
・書類が通らない
・つらい記憶がよみがえってしまいそう

などの悩みを抱えている方が多いと思います。

そういった方に利用していただきたい転職サービスを選んでみました。

✓#リモワ女子(リモートワーク専門)
✓ママの求人(ママ、女性に特化)
(リモワ女子とママの求人は統合しました)
✓東京しごとセンター(サポート充実)
✓DYM就職 (書類選考なし)
✓JACリクルートメント(番外編)

#リモワ女子(リモートワーク専門)

(リモワ女子とママの求人は統合しました)

うつ病の方には、「在宅」「フルリモート」が可能な仕事を探している方も多いのではないでしょうか。

#リモワ女子はリモートワーク、テレワーク、在宅勤務に特化した求人サービスです。

「在宅勤務で働きたいんだけれど、正社員は無理なのでは?」と諦めている方もいるかと思います。

#リモワ女子なら、在宅勤務でも正社員とし働くことができる求人を紹介してくれます。

#リモワ女子を利用できるのは女性だけ?

テレワーク希望者であれば男性も利用できますよ

詳細はこちら

👉【#リモワ女子】公式サイトを確認 

ママの求人(旧ママキャリ) (ママ、女性に特化)

ママの求人の特徴は次の通りです。

✓ママ、女性の転職に特化
✓ママ女性の働き方を理解した企業が厳選
柔軟な働き方の仕事を提案してくれる
✓女性コンサルタントのサポートが充実

働く人の状況にあわせて柔軟な働き方の仕事を提案してくれるのはとても魅力的です。

詳細はこちら

👉 【ママの求人】公式サイト 

東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクト(サポート充実)

東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクトでは、都内で就職した30~54歳の就職・転職を無料でサポートしています。

東京仕事センター正社員就職応援プロジェクトでは3つのプログラムが利用できます。

・東京しごと塾:就活の始め方がわからない方向け
・Jobトライ:どんな会社・職種が良いのかわからない方向け
・就活エクスプレス:できるだけ早く就職を決めたい方向け

さらに各種セミナーや就労支援プログラムなどが受けられ、条件を満たせば就活支援金1日 5,000円が支給されます。

・フルタイムで働く自信がない
・仕事を短期で辞めてしまった
という方には、東京しごとセンターの支援プログラムやセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。
 
 

👉 【東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクト】公式サイト

DYM就職 (書類選考なし)

DYM就職は、既卒・第二新卒・未経験などの人向けの就職支援サービスです。
このDYM就職は普通の転職サイトと大きく違う点があります。

それは「書類選考なしで面接へ進める」ことです。
・書類選考が通らない
・スキルがない
・短期で退職してしまった
・フリーターから正社員になりたい
・はじめて就職・転職で不安

という方におすすめです。

転職のサポートもたいへん丁寧と定評があります。

👉 【DYM就職】 公式サイト

就職Shop(書類選考なし)

『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染みの業界最大手リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

この就職Shopも、書類選考はなく、履歴書で落とされることはありません。
社会人未経験の方でも大丈夫です。

👉 【就職shop】 公式サイト

JACリクルートメント(番外)

 

40代後半の転職活動で手厚いサポートをしてくれたのがJACリクルートメントでした。

このJACリクルートメントは幅広い年齢層に対応していて、35歳以上の転職者が全体の74%を占めています。

他社がもっていないような良い案件(非公開求人)をたくさんもっていて、本当に貴重な求人を紹介してくれました。

そして、応募書類準備や面接対策に至るまで丁寧に対応してくれました。

書類選考、1次面接、2次面接、最終面接無事通過して内定を獲得しました。

いままでのキャリアを生かして転職したい考えられている方は、JACリクルートメントに登録することをおすすめします。

詳細はこちら

👉 【JAC Recruitment】公式サイト

リクナビNEXT(無料の自己分析ツール)

リクナビNEXT(ネスクト)は、転職者の8割が利用する国内最大級の転職サイトです。

リクナビNEXT(ネスクト)に登録すると自己分析ツール「グッドポイント診断」が無料で利用できます。

このグッドポイント診断はリクナビNEXTが開発したあなたの【強み】を判定するWebテストです。

社会で役立つ18種類の【強み】から自身が持ち合わせている5つの【強み】を判定することができます。

👉 転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

うつ病をオープンにして仕事を探す方法

 

精神障害者保健福祉手帳などの障害者手帳をお持ちの方、申請中の方が対象です。

そういった方に利用していただきたい転職サービスを選んでみました。以下4社は一般の転職サイトと同じ感覚で障害者雇用枠(オープンポジション)の求人を紹介してくれます。

これらサイトは自分で求人を検索することもできます。各社オリジナル求人を持っていますので、より多くの求人に触れるためにも積極的に登録してサービスを活用しましょう。

✓dodaチャレンジ (詳細ページ
✓障害者雇用バンク(旧エラビバ)(詳細ページ
✓アットジーピー(atGP)(詳細ページ
✓エージェント・サーナ (詳細ページ

これら4社はおすすめなのでぜひ登録してみてください。

すべてのサービスが無料っていうのがいいですね。

dodaチャレンジ

✓業界トップクラスの実績を誇るパーソルチャレンジが運営
✓チェックカウンセリングをもとに転職をサポート
✓非公開求人も多い
✓働いている人の65%が障害者
✓利用は無料
dodaブランドのパーソルチャレンジが運営母体というのが見逃せませんね。
求人数や転職実績も多く、企業とのつながりが多いのが特徴です。
 

障害者の方が大勢働いているんですね。

障害者への理解があるので、初めての転職でも心強いですよ。

 

障害者雇用バンク(旧エラビバ)

✓日本最大級の求人情報を所有、全国をカバー
✓webカウンセリングを受けられる
✓自社非公開求人に加えてハローワークの求人も掲載(求人数4,500以上)
✓新卒、中途どちらも対応
✓面接対策、応募書類の添削、就職後のサポート
✓利用は無料

エラビバの詳細や実際のマイページの様子はこちら

 

✓民間で初めて障害者人材サービスを始めた株式会社イフが運営母体
✓ヒアリングをもとにキャリアアドバイザーが最適な企業を紹介
✓面接対策や入社後のフォロー面談などのサポート
✓すべて求人が非公開求人、そのうち85%が独自の非公開求人
✓求人案件数では業界最多レベル
✓利用は無料

面談や企業紹介、就職サポートの丁寧さは定評があって、転職活動全体を通じてきめ細やかなサポートをしてくれます。

エージェント・サーナ(AgentSana)の詳細や実際のマイページの様子はこちら

👉 【エージェント・サーナ(Agent-Sana)】公式サイト

ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が所管する公的機関で公共職業安定所(職安)ともいいます。
求人件数が多く、障害のある方の就職件数も豊富なことが特徴です。
障害者雇用に関して専門知識のある「専門職員」に相談できます。
障害者専用の求人からキャリアカウンセリング、個別相談も無料で受けることができます。

傷病手当金と失業保険について
失業保険の給付申請、延長申請もハローワークで行います。
もし傷病手当金を受給する場合には、失業保険の受給期間延長申請を行っておきます。
そうすると傷病手当金の受給が終了した段階で、失業保険を貰うことができるようになります。
ちなみに失業保険の延長申請で受給期間を最長で3年延長することができます。

就労移行支援を経て仕事を探す方法

就労移行支援とは、就労を希望している障害・難病がある方に働くためのトレーニングや、職場探しのサポート、就労後の職場定着までのサポートを行う福祉サービスです。

詳細はこちら

ほとんどの場合、無料で利用できます。障害者手帳の有無にかかわらず、医師の診断書や自治体の判断で利用できることもあります。各団体にご相談ください。

以下4社は充実したサービスを提供してくれる就労移行支援団体です

✓ミラトレ
✓Cocorport (ココルポート、旧社名:Melk)
✓LITALICO(リタリコ)ワークス
✓atGPジョブトレ

お近くに事業所がありましたら、登録後、実際に事業所に見学に行ってみてください。

通いやすさや雰囲気を体感したほうがいいですね。

就労移行支援サービス各社

ミラトレ(運営:パーソルチャレンジ)

【ミラトレ】公式サイト

Cocorport (ココルポート、旧社名:Melk)

 

【Cocorport(旧社名:Melk】】 公式サイト

LITALICO(リタリコ)ワークス

【LITALICOワーク】 公式サイト

atGPジョブトレ

5つの障害別のコース(うつ症状コース・発達障害コース・統合失調症コース・聴覚障害コース・難病コース)があります。

詳細はこちら

【atGPジョブトレ】 公式サイト

atGPジョブトレ うつ症状コース (旧シゴトライ)

atGPジョブトレにはうつ病に特化した専門のプログラムが用意されています。

 

【atGPジョブトレ うつ症状コース】 公式サイト

無料で職業の適正チェックと市場ができます

【ミイダス】自分の市場価値を無料で診断

ミイダスは『doda』を手がけるパーソルキャリアが運営母体の転職サービスです。
ミイダスでは質問に答えるだけで、自分の向いている仕事や行動パターンが分かる適性テスト(コンピテンシー診断)が受けられます。
経歴や経験・スキル情報を入力すると、自分の市場価値を数値化してくれます。
さらに企業から直接オファーが届くサービスも提供しています。
お時間のあるときに一度診断してみてはいかがでしょうか。

ミイダス

うつの方に向いている仕事を探す方法、転職方法のまとめ

うつ病になってしまうとどうしても仕事を休職したり、退職しなければならなくなります。

そうするとブランクがでてきてしまい、なかなか思うように就職できないのが現状です。

この記事で紹介させていただいたサービスはどれも無料なので、自分に合ったサービスを選んで利用してみてはいかがでしょうか。

さらに、傷病手当や失業手当、障害年金なども組み合わせることもおすすめします。

うつ病の治療には、焦りは禁物です。じっくり直して、じっくり社会復帰を目指しましょう。

障害者の転職サービスの情報

~精神疾患・障害者向け~ 就労移行支援情報集
就労移行支援事業所には、基本的なビジネススキルやメンタルケアの訓練や講座を行っている「一般型」と、ある職種や障害に特化している「特化型」の2つのタイプに分けられます。 最近は、ITやWebデザインなど専門的な講座が無料で受講できたり、障害別のコースが設けられているatGPのような事業所もあって、人材育成を重視したサービスがうけられるようになりました。 この記事では、最近の就労移行支援に関する記事をあつめました。おすすめの就労移行支援サービスも紹介させていただきます。
おすすめ就労移行支援サービス4社の紹介 【障害者の求人・就活】
などの悩みを抱えてながら休職されている方は多いかと思います。そのような方々の仕事復帰を手助けしていただける就労移行支援や転職サービスを紹介します。ちなみに就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた「障害福祉サービス」のひとつになります。
オープンorクローズで就活|一般枠と障害者雇用枠のメリットとデメリット
障害者の就活について 私はたくさんの転職サービスなどを利用して再就職を目指して就活を継続してしています。実際、たくさんの情報が届き、オファーもよく来るので、履歴書や職務経歴書を送って応募をしていますが現状はなかなか厳しいですね。 世の中...
障害者手帳は割引がうけられて意外と便利。お得にいきましょう!
精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)取得のメリットとデメリット 精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)のメリット 横浜市のサイトを参考にすると、精神障害者保健福祉手帳を持つことのメリットは十分にあると思いました。 特に相続税の控除は額が...
障害者向け転職サイト・転職エージェントおすすめ4社比較
障害者採用の求人検索もできる求人サイト   この記事では筆者の実体験をもとに障害者に特化した転職サイト・転職エージェントの ☆ dodaチャレンジ (詳細ページ) ☆ 障害者雇用バンク(旧エラビバ)(詳細ページ) ☆ アットジー...
ミラトレ|障害者の就活・人材紹介と就労移行支援・口コミ・評判
ミラトレの雰囲気や実際のトレーニングを体感するためにも、まずは最寄の施設の見学や体験利用をおすすめします。ご家族や支援機関の方と一緒でも大丈夫です。 ☆ミラトレの実績、特徴は? ☆ミラトレの就労移行支援はどんな感じ? ☆ミラトレの評判...
【障害者雇用】ハローワークと転職エージェントのメリットデメリット
一般的に転職活動をする場合、ハローワークで仕事を探すという方法のほかにも民間の転職サイトや転職エージェントを利用するという方法があります。障害者雇用についても全く同じです。公的機関のハローワークと転職サイト、転職エージェントの特徴を比較しな...

コメント

PAGE TOP
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました