おすすめ就労移行支援サービス4社の紹介 【障害者の求人・就活】

~精神疾患・障害者向け~ 就労移行支援情報集

就労移行支援サービスは、障がいのある方が就労に向けたトレーニングを行い、働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートをしてくれます。

就労移行支援サービス利用のすすめ

現在、なんらかの精神疾患を抱えていて、

「仕事が長く続かない」
「人間関係が苦手」
「働いたことがない」
「働く自信がない、怖い」
「働きたいけど何からはじめればいいのわからない」
「企業に就職するスキルを身につけたい」
「自分にあう仕事や職場をみつけたい」
「面接が不安、応募書類の書き方がわからない」
「ストレスの対処方法がわからない」

などの悩みを抱えてながら休職されている方は多いかと思います。
そのような方々の仕事復帰を手助けしていただける就労移行支援や転職サービスを紹介します。
ちなみに就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた「障害福祉サービス」のひとつになります。
障害のある人が就労移行支援事業所でプログラムを受けながら、仕事に役立つスキルを身に着け、最終的には就職を目指すサービスです。
世帯収入にもよりますが、9割以上の利用者が無料とのことです。

就労移行支援の一般的な対象者

・一般就労を目指される方
・65歳未満の方
・精神障がい(統合失調症、うつ病、双極性障害、てんかん、依存症 など)、知的障がい 、身体障がい(視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、内部障害 など )、発達障がい (自閉スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)など )、難病等( 障害者総合支援法の対象疾病)のある方

就労移行支援は障害者手帳の有無に関わらず、医師の診断や自治体の判断により利用することができます。転職時期や希望条件がまだはっきりしていなくても、まずは各サービスにご相談してみてください。

就労移行支援の一般的なサービス内容

①就労に向けたトレーニング(職業準備性、基礎体力の向上、生活リズムを整える)
 ・挨拶、身だしなみ等のビジネスマナー
 ・OfficeなどのPCトレーニング
 ・社会生活技能訓練、グループワーク
 ・コミュニケーション方法 など
②インターン先や就職先の紹介、職場見学・実習等
③就職活動のサポート(採用枠の相談(オープンorクローズか)、書類作成、面接対策)
④就職後の定期面談など職場への定着支援
⑤体調管理やメンタル面の相談:個別支援計画に合わせた面談

などサポートは多岐にわたります。
個々の体調などにあわせて、スケジュールは調整することができます。

おすすめの就労移行支援サービス各社

パーソルチャレンジの「ミラトレ」

運営会社はdodaブランドでおなじみのパーソルチャレンジです。障害者向けに特化した人材紹介サービス「dodaチャレンジ」を運営しているとともに、障害者雇用に関するサービスを提供している会社です。

👉 ミラトレ公式サイト

Cocorport (ココルポート)

「Cocorport (ココルポート)」(旧社名:Melk)は「統合失調症」 「うつ病」 「発達障害」 「気分障害」 「知的障害」 「身体障害」「不安障害」「高次脳機能障害」などの障害のある方に特化した就労移行支援事業所です。

👉 Cocorport (ココルポート)公式サイト

LITALICO(リタリコ)ワークス

LITALICOワークスは、精神障害、発達障害、知的障害、身体障害、難病などの障害のある方に特化した就労移行支援事業所です。

👉 LITALICOワークス公式サイト

atGPジョブトレ

「atGP転職サービス」を提供するゼネラルパートナーズが運営しています。atGPの就職支援サービス(atGPエージェント、atGP転職など)もあわせて利用することで就職の可能性が広がります。
就労移行支援は5つの障害別のコース(うつ症状コース、発達障害コース、統合失調症コース、  聴覚障害コース、難病コース)があります。

👉 atGPジョブトレ公式サイト

atGPジョブトレ うつ症状コース (旧シゴトライ)

atGPが運営するうつ病専門の就労移行支援サービスです。

👉 atGPジョブトレうつ症状コース公式サイト

atGPジョブトレ 統合失調症コース(旧リドアーズ

atGPが運営する統合失調症専門の就労移行支援サービスです。

👉 atGPジョブトレ統合失調症コース公式サイト

atGPジョブトレ 発達障害コース(旧リンクビー

atGPが運営する発達障害専門の就労移行支援サービスです。

👉 atGPジョブトレ発達障害コース公式サイト

atGPジョブトレ 難病コース(旧ベネファイ)

atGPが運営する日本初の難病のある方専門の就労移行支援サービスです。

👉 atGPジョブトレ難病コース公式サイト

atGPジョブトレ 聴覚障害コース(旧いそひと)

atGPが運営する聴覚障害専門の就労移行支援サービスです。

👉 atGPジョブトレ聴覚障害コース公式サイト

atGPジョブトレ IT・Web

Web制作スキルと就労支援がうけられる就労移行支援サービスです。atGPが運営しています。

Web制作スキルの習得にかかる費用約¥321,580(税込)+PC準備費用が無料になります。

👉 atGPジョブトレIT・Web公式サイト

障害者向け転職サイト、転職エージェントも活用してください

一般の転職サイトや転職エージェントと同じように、障害者向けの求人を検索したり、自分にあった案件をエージェントが紹介してくれたり、といったサービスもあります。

疾患や障害の程度、支援体制など、障害者ならではの条件から検索することができます。

こういった転職サイトや転職エージェントのサービスを積極的に利用することをおすすめします。

就労移行支援サービス利用のまとめ

就労移行支援事業所は障害者の就労をしっかりサポートしてくれます。

まずは通いやすい近場の事業所に見学にいってみてもいいかと思います。

各事業所によってカリキュラムやサービスに特徴があります。

実際に見学して、自分にあっている事業所を探すことをおすすめします。

障害者向け転職サイト4社

エージェント・サーナ(AgentSana)
アットジーピー(atGP)
dodaチャレンジ
障害者雇用バンク(旧エラビバ)

コメント

PAGE TOP
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました