みなし残業45時間の内定先はブラック企業?

闘病生活の独り言

クローズ就活で内定が出てから数日が立ちました。

エージェントと雇用条件について情報交換を続けています。

求人票などよくよく見ると、怪しい箇所がボロボロとでてきました。

みなし残業とは

最終面接のときに、CEOが「一か月45時間でも、残業時間が足りない」と言っていました。

エージェントも「この会社では、定時に帰宅される方はほとんどいない」とのことでした。

求人票をみると、みなし残業45時間と年棒が記載されていました。

年俸制 年収:#00万円 ⽉額:##万円
手 当:定額の残業代として、45時間分支給し、左記の時間を超えた場合は追加支給致します。

45時間分というのはみなし残業といわれていています。

一定時間の残業があることを見越して、あらかじめ『固定残業代』などを支払うことで労働者にその時間分だけ残業してもらうことができるというものです。

この場合、単純に一日最低2時間の残業があるという計算になりますね。

基本給も少なくなるわけで、見かけ上の年棒を高く見せるための手段なんだそうです。

ボーナス支給や45時間をオーバーしたときの残業代が発生したときには、基本給が基準になるので、安く抑えられるというわけですね。

固定残業(みなし残業)が45時間の会社はブラックの可能性が高い、らしい

固定残業代が45時間の求人を見つけたら、うっかり応募しないように気をつけましょう
固定残業(みなし残業)が45時間の会社はブラックの可能性ありありです。

みなし残業制の会社の大半はブラックだ!入社には気をつけろ!

なんて感じの見出しの記事がよくありますね。

この残業時間には、36協定(サブロク協定)という協定により上限が定められています。基本的に、1ヶ月45時間(3ヶ月を超える1年単位の変形労働時間制の対象者は42時間)の残業が上限です。会社はこの時間を超えて、残業させることはできません。

「45時間」というのは月の残業時間の上限ギリギリですね。

いつも一か月に45時間、さらにはそれ以上の残業をさせている企業は、ブラックの可能性があるんだそうです。

   

共働き、子持ち家庭の場合、どうすれば、、、。

共働き、子供二人の我が家の場合は家事も子育ても極力二人で折半してきました。

今回の仕事で残業が日常化、急増するようなことがあると、家内への負担も急増してしまうと危惧しました。

そこで、こういったことは入社前にエージェント経由で交渉すべき、と考えました。

エージェント宛に以下の質問をしました。

・本人の裁量で仕事のスケジュールや残業をきめることができるのか?

強制的に、または日常的に残業は発生する状況にならないか?

・共働き家庭の状況を考慮してもらえるか?

・試用期間中は有給休暇はないのか?

・休まなければならない状況になった場合には欠勤となっても大丈夫か?

・テレワークは可能か?

 

残業時間の裁量が会社側にあると残業をしなければならない状況になります。

それも踏まえて、子育て家庭への理解を会社側に求めました。

そして、もし残業前提という風潮があるのであればそれを改善してもらい、子供や家族の対応のために帰宅できるような環境づくりを求めました。

また試用期間中は有給がなかったので、休まなければならない状況になったときにどうすればよいか質問してみました。

あとはリモートワーク。

在宅でできる仕事はできるだけ自宅に持ち帰って仕事をすることを認めてもらうことにしました。

コロナや子供のインフルでで休まなければならない状況はいままでも毎年のようにあったので、

会社側にしっかり理解しておいてもらいたいと思いました。

企業のリサーチはしっかりと

今回の会社は入社前から評判を聞いていたので、多少のブラック感は知っていたのですが、

みなし残業と年棒を見たときに確信にかわりました。

あとは契約書をしっかり確認して、おかしなところは徹底して訴えていこうと思います。

入社してからこける、ことだけは避けたいですね、、、今度こそ。

コメント

PAGE TOP
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました